作成者別アーカイブ: koei

平成24年4月7日「ほっとはーとOITA(TOS)」に再生可能エネルギーについて放送されました

平成24年4月7日放送大分県広報番組「ほっとはーとOITA(TOS)」で再生可能エネルギーについて紹介されました。 画像をクリックしていただけると動画ページに移動します。     放送内容は湯けむり発電と日田女子畑地区小水力発電(マイクロ発電)の紹介と大分県の豊富なエネルギー資源がある地熱発電等の紹介をしています。 ”湯けむり発電”は平成24年3月19日から日本一の源泉数を誇る別府市にて実験を開始しました。温泉の熱水と蒸気を利用しタービンを回転をして発電をします。最大3kwの発電量で約6軒分の発電が可能になります。現在は実験段階ですがさらに改良を加え発電効率を目指します。 日田市女子畑地区小水力発電は農業用水路の落差工を利用し、落差工から生じたエネルギーを電力に変換をします。最大1kwの発電量で約3軒分の発電が可能になります。小水力発電(マイクロ発電)は太陽光発電、風力発電と比較して、天候等の影響が少なく一定の発電量を発電することができます。

カテゴリー: NEWS | コメントをどうぞ

女子畑小水力発電 設置工事

    女子畑小水力発電設置工事が完了しました。 画像をクリックしていただくと拡大できます。     大分県日田市天ヶ瀬町女子畑地区の水路にて、県の省エネ・高効率型産業創出事業として、従来の発電機にはない低落差・低水量でも一定の発電量を確保できる新型高効率上掛水車を株式会社ターボブレードが設計開発しました。そして設置工事全般を株式会社興栄が担当しております。実験期間は5年間で事業費は1千万円です。施設概要は落差1.6m、流量0.12m3/s、発生電力1kwhになっております。落差工を設置し利用することで高効率の発電をすることができます。小型水力発電は、発電機が非常にコンパクトであり、工期が短く、設置工事・コストが安く、年間の発電量を多く発電をすることができます。実験中ではありますが、さらに高効率の発電を目指し、普及していきたいと思います。    

カテゴリー: NEWS | コメントをどうぞ

新聞掲載記事

過去の新聞掲載記事です。 画像をクリック頂くとPDFファイルが見られます。

カテゴリー: NEWS | コメントをどうぞ